Öko-Zentrum NRW

社長からのご挨拶

早くも1980年代、ドイツで最も人口の多い州であるノルトラインヴェストファーレン(NRW)州の政治を担当する人々は、建設業界に環境を配慮した取り組みを、より適切に定着させる必要性を認識していました。そして、エネルギー効率と資源活用効率が高い建設のためのコンピテンス・センターを構築するという考えが生まれました。それがエコセンターNRWです。

エコセンターNRWは1992年に設立されて以来、環境に配慮した建設技術、再生可能な原材料の使用、または低エネルギーの建物の建設に関する知識を収集し、これらを建物の専門家に伝えることに積極的に取り組んできました。エコセンターNRWの強みは、この知識を建築家や土木技師が職業訓練中に学べることであり、これにより、持続可能な建設の専門知識が、建設業界を積極的に形作る人々に確実に伝えられます。この建築専門家の知識の向上に加えて、エコセンターNRWの他の活動分野は、持続可能な建物の良い例となる建築物のプランニングをすることとそれらを積極的に提案していくことです。

エコセンターNRWは、2008年から日本でも活動しています。以来、石川県と連携し、住宅の省エネルギー化を目指しています。この目的のために、2010年に日本で最初の建物エネルギー性能証明書を発行し、支援協会を設立し、こういったエネルギー証明書の発行に関わることのできる建設専門家を多く育ててきました。また、長年にわたり国土交通省と良好な関係を築いてきました。これは、エコセンターNRWがベルリンと東京の建設省庁間の専門分野の学術的交流を担当しているためです。この交流の目的は、建物のエネルギー消費を削減するために、日本とドイツの間で解決策を見つけることです。このような解決策は、政治的対策にあるだけでなく、革新的な技術的アプローチにもあります。さらに、エコセンターNRWの顧客はドイツと日本からの多くの企業です。将来の建築製品で成功したい場合は、持続可能性の傾向、現在および将来の建築政策の手段、技術開発に対処する必要があります。 エコセンターNRWはこれを支援します。そして、顧客と共に適切な解決策を考えていきます。私たちは皆様がお考えの建物が、今後、経済的な利益と環境への配慮を両方満たす建物になることを保証します。

 

代表取締役社長
ラウシェン マンフレッド

エコセンターNRW

正しい知識と技術を伝えるエコセンターNRW(ドイツ ハム市)は環境に優しい建築の先駆者として建築業界を支援する目的で1992年に、ノルトライン・ヴェストファー レン(NRW)州政府により設立されました。そして2000年初頭には完全に民営化されました。 建築家やエンジニアに対し、「建物の省エネ化」、「持続可能な建築物作り」、「身体に優しい室内空間づくり」、「カビ・湿害防止」といったテーマを元に、国家資格、公的資格取得のための人材育成講座を行っております。また、コンサルティン グ、プランニング業務として、公共・商業施設の低燃費コンセプト、省エネリフォーム、エネルギーパス、環境負荷の少ないまちづくりをテーマとしております。 近年では、日本との関係も深まり、様々な機関、企業との交流を重ねて参りました。コンサルティング業務はB.A.U.M. Consult Japanとも協力して業務を行なっております。今後も、日本の皆様に様々なサービスを提供させていただきたいと存じております。

Contact us

浅野 友紀
Asano Yuki

エコセンターの日本事業

Send us your inquiry

敬称(学位など)を選択してください
Please select your form of address.
お名前(姓)を記入してください。
Please enter your surname.
所属する会社または団体をご記入ください。
Please state the company or institute you represent.
メールアドレスをご記入ください。
Please enter your email address.
メッセージを入力してください。
Please enter a message.
プライバシーポリシーをお読みいただき、それに同意する必要があります。
You need to read and agree to the privacy policy.
お問い合わせをお送りいただき、ありがとうございました。
Thank you for your message!

© NRW international. All rights reserved. Powered by viality.